トップ >> 保険金の支払いの上限とは

保険金不払いの情報

地震と火災に備えるには

日本は、世界でも有数な地震国。近年も大規模な地震に国民は震え上がり自然の脅威を体感したばかりです。災害はいつ起こるのか?規模はどの程度なのか予測も困難です。昔は、地震に関して天災だから仕方がないと諦めるしかなかったのですが、1964年の新潟地震を期に法律が制定され、1966年に地震保険が誕生しました。地震に関しては、会社だけではなく政府も法律に基づいて支払い義務があるというところは他の保険との大きな違いです。基本、地震被害を受けても私たちの生活は自力再建が基本とされています。では、加入すべきなのでしょうか。

生命保険同様大切なものです

地震は会社だけでなく国も支払いの義務をかせられています。とはいえ、地震は国にとっても予測不能でリスクも高いものです。よって個々に契約を結ぶ場合には、地震保険は火災保険とセットで契約する仕組になっています。支払われる金額は損害額に応じた金額ではなく、損害の程度に応じた3段階での大まかな支払いになります。セットになっている分、月々の支払いを負担に感じる世帯もあるかもしれません。賃貸住まいの方は、予め賃貸契約の際に加入が義務付けられている場合もあります。持ち家の方は、住宅ローンの返済と合わせると経済的リスクを伴いますが、大きなダメージからの生活再建の一時金として考えてみるといいでしょう。