トップ >> 介護と保険について考える

保険金不払いの情報

介護保険の必要性

高齢化が進み今後益々介護にかかるお金が増えていきます。国の負担だけでなく個人が抱える負担もかなりのものになると予測されており、ほぼ現実になります。年齢を重ねると健康へのリスクも高くなります。入院や介護を必要とすることもあるでしょう。みなさん備えは万全でしょうか?医療保険の見直しや特約の追加などすでにお考えの方も多いはず。何を付加したらいいのかは、要介護の原因を調べるとわかってきます。一番多い要介護の原因は、脳血管疾患で脳出血や肺気腫や肺炎、関節リウマチなども含まれます。次に多いのが認知症、高齢による衰弱と続きます。ここから見ても突発的に要介護になる可能性が高いということです。介護保険についても調べておきましょう。

介護は誰がするのか

年齢を重ね病気や衰弱、痴呆などで介護が必要になることは避けては通れないことかもしれません。ただ怖いという気持ちで避け現実から目をそらすのではなく、介護する側もその家族も医療保険や介護にかかる費用や国の体制などを正しく知っておくことで、いざその時がやってきても慌てずに必要なものをサポートとして使うことができるでしょう。介護をする者の主な続柄は、一位が配偶者次が子供、その後に続くのがその子ども(孫)という結果が出ています。介護をし介護されるわけですから、家族でしっかりと備えましょう。保険を上手に使って、特約なども組み合わせることで費用の面は補うことも可能です。医療保険も見直しましょう。